海外のコワーキングスペースには必ず居る 『コミュニケーター』 とは? 

by • 2016年11月23日 • WORK STYLEComments (0)343

世界最強のコワーキングスペースと言われる『wework』をはじめ、海外のコワーキングスペースにほとんど、”コミュニケーター”という役割の人が常時いるそうですね。

weworkのコミュニケーターって、”シェフ”らしいんですよ。

意外な気もしますが、なんとなく適役のような感じもします。

!!!!!

秘密基地がオープンした2014年1月。

秘密基地の元祖コミュニケーターも、シェフでした!!

 

この方↓↓↓
small
 
通称=大ちゃん。
もともと秘密基地シェフでしたが、夢であった自分のお店をオープン。忙しい日々を送る彼は、今日は『秘密基地フリマ』のイベントで秘密基地に凱旋していました。
 
 
キャラが独特で、とにかくユーモア。昼間のコワーキングタイム(お仕事してる人が多い時間)でも、いろんな人がたまらず大笑い。
 
今日はフリマで大ちゃんは何をしてたかと言うと・・・
 
人のコーヒーを奪おうとしてたり、
small-1
 
主催者のナベさんに説教始めたり、
small-2
 
 
マクドナルドの袋をあさったり、
small-3
 
どっちを買おうか悩んだり、 
small-4
 
試着したり、していました。
small-5
 
彼の人柄で、秘密基地に人が集まり、リラックスしたかと思えば、腹筋崩壊するほど笑ったり。
 
コミュニケーターと名乗る必要もなく、彼は自然に秘密基地を、居心地のいい場所を作ってくれていたのです。
 
オーナーの岡兄弟が、当時別の仕事でなかなか秘密基地に来れなかった間に、大ちゃんがコミュニケーターの役割を期待以上に果たしてくれていたのです。
 
今は北九州の小倉駅近くの大人気店、『鉄板焼バール ピアチェーレ』のシェフとして、人柄と料理で人を惹きつけています。
 
コワーキングスペースにコミュニケーターが絶対必要なのが、わかる気がします。

 

基地おかみ』ブログより。

The following two tabs change content below.

OKAYURI

秘密基地にだいたい毎日います。まじめなことから、ゆる面白いことまで、刺激のある毎日を送っています。
Pin It

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です