テレワーク、リモートワークが常識に?オンライン活用で働き方改革はどう変わっていく?

新型コロナウイルスにより私たちの生活様式に大きな変化がもたらされました。そこで注目され始めたのが、コワーキングスペースです。

コワーキングスペースは、新しい生活様式における働き方改革とどのような関係があるのでしょうか。

 

これからの私たちの働き方に大きな変化をもたらすであろう“テレワーク”や”リモートワーク”。
今回は、働き方改革に大きく関わるテレワークやリモートワークについてお話していきます。テレワークとはノートパソコン等を活用し、時間や場所の制約を受けずに柔軟に働くことができる働き方です。

社員の働く場所が固定ではなくなるため、企業はオフィスの維持に必要な固定費を削減することが可能です。また、今回のような感染症、集中豪雨などの自然災害や学校休校による家庭の事情等により通勤が困難な場合でも、自宅等での作業が可能なため(通勤時間の削減)、事業やプロジェクトを継続することができます。

テレワークやリモートワークを語る上で大きく関係してくるのが働き方改革。

我が国は、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しています。
こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。

「働き方改革」は、この課題の解決のため、働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています

厚生労働省のHPより引用

ただ、会社への通勤が不要になるといった反面、社外で業務を行うことになるため、セキュリティ面でのリスクも考える必要があります。
テレワーク、リモートワーク導入後、はじめのうちは業務が滞ったり評価の難しさを感じることもあるようです。実際、秘密基地でも営業自粛期間中、出社せずに自宅でリモートワークを数名のスタッフにお願いしました。
作業時間の報告やスケジュール管理など、やってみることで様々な視点が見つかってきました。

まずは、テレワーク、リモートワークによるメリットを。

・ワークライフバランスを高める(人によっては集中して作業できる)
・出産や育児により現場へ戻るのが困難な女性や、家族の介護など家庭的な事情によりフルタイムで働けないという人の雇用へつながる
・災害や今回の感染症蔓延により通勤が困難な場合でも、自宅などで平常時と変わらずに業務をおこなえる
・場所の限定がされなくなる分、首都圏に集中している労働力を地方へ分散できる(大手企業の場合)
・転勤や単身赴任がなくなる可能性がある

などが挙げられます。

「働く場所にとらわれない」という企業制度を打ち出すことで、ライフスタイルの変化による離職防止や、新たな労働力の活用ができます。

採用面においても、通勤に何らかの制約のある人材の採用へも可能になります。

また、テレワークで非常に重要な観点が生産性の向上です。
テレワークの場合いつでもどこでも仕事ができるので、時間をより有効に使えるようになり、通勤混雑の緩和や生産性の向上が狙えると言えます。
逆にいえば効率良いスケジュール管理、が必須と言えるかもしれません。


テレワーク、リモートワークのデメリットとしては、
・物理的に場所が離れるという理由で上司が部下の業務状況を確認しにくくなる
・進歩状況の把握が難しくなる
・雑談が少なくなり業務連絡中心の会話になってしまう
・仕事とプライベートの線引きが難しくなる
などのデメリットも見えてきました。
結果として、社員同士のコミュニケーションが減ってしまいがちになります。ここで注目されてきたのがコワーキングスペースです。

秘密基地のカウンター席

テレワークにおけるコワーキングスペースの活用


テレワークとオフィスワークの大きな違いは、働く環境です。

新型コロナウイルス感染症が蔓延する今の状況においては、
自宅でのテレワークが推奨されていますね。

自宅で仕事をおこなえるということで、「電車通勤から解放される」「好きなペースで作業できる」など喜びの声があがる一方、“テレワーク難民”と呼ばれる層も出てきています。
集中力の低下や仕事環境などの問題もあり、「家だとなかなか仕事がはかどらない」という意見もしばしば。これらはテレワーク、リモートワークの難点と言えます。

そんな中、外部のオフィススペースで働くというサテライトオフィス勤務が大きな注目を集めています。
サテライトオフィス勤務とは、数社の共同サテライトや貸し会議室などを利用する手法です。
テレワークの広がりとともにサテライトオフィスを確保する企業も増えてきています。

しかしながら、急にサテライトオフィスを探すのは難しく、事務所を維持する費用が高い都市部においてはより一層コストも時間もかかってしまいます。
また、コロナ収束後も継続して使っていくかわからない場合、ランニングコストの面でも不安が残ります。

テレワークの急な導入で、サテライトオフィスの確保が難しい…
そのような時に役立ててほしいのが「コワーキングスペースをサテライトオフィスとして活用する」という方法です。

コワーキングスペース秘密基地では、様々な業種の方々にご利用いただいております。その中で異業種の方との交流を通じて、デメリットだったコミュニケーション不足になりがちな部分をさらなる知見を得るツールとして利用できるのがコワーキングスペースの最大の魅力です。
そのような環境の中で、お互いのことを知り、新たな人脈や概念に触れることで新たな価値を見出しビジネスへと発展させていく、そんな方々を多く見てきました。
我々スタッフには「コワーキングコーディネーター 」として皆さんとの繋がりを創造していくことを仕事としており、ビジネスマッチングやコーディネート、時には支援や紹介など。どうぞお気軽に声かけてください!

秘密基地では、ZOOMを使ったオンラインミーティングを快適に行えるように、お部屋を用意しております。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

お問合せはこちらから