カメラ選びは楽しい!「沼」に嵌る前に!

秘密基地界隈では、カメラ好きの方が多くいらっしゃいます。それもそのはずで、ブログやSNSなどのプライベートなモノから、お仕事用の撮影機材と幅広く使われているからです。私も動画用写真用に持っていますが、今日はそんな秘密基地界隈のカメラ事情のお話をしたいと思います。マニアックな内容になるかもですので、興味がある方は読み進めてもらえたらと思います。

私のカメラPanasonic Lumix G99

基地界隈のカメラ事情

カメラ選びは、それぞれの方のこだわりが見えてとても面白いです。
SONY派、Panasonic派、FUJIFILM派、Blackmagic派などなど。最近では動画機としてのミラーレス一眼カメラの人気が高いですね。とにかく軽量化を求める方もいれば、動画撮影機としてフルサイズ機を選ぶ方、私のように動画も写真も軽量もという欲張りな感じの人もいますw
皆さん、フォトグラファー、職業カメラマンさんではないのですがカメラには(映像や画像)には拘ってますね。

皆さんがお持ちの機種としては、
SONY α7Ⅲ,α6600
Panasonic Lumix G99,Lumix GX8,Lumix GM5
FUJIFILM X-T20,X-T4
Blackmagic  BMPCC4K
と、様々すぎて、、、もしあなたがどれにしようか迷っているのであれば、秘密基地界隈にはこれだけのユーザーがいますのでリアルな使用感など聞けると思いますよ。
聞きすぎるとさらに迷うかもですが、、、

ミラーレス一眼カメラには、センサーサイズによって各社分けられていて、
・フルサイズ(SONY α7シリーズなど)
・APSC(SONY α6600、FUJIFILM X-T4など)
・マイクロフォーサーズ(Panasonic Gシリーズ、Blackmagicなど)
センサーサイズとは、デジタルカメラに内蔵されている、『光を捉えて画像を作り出す、センサーの大きさ』のことです。このセンサーサイズが大きくなればなるほど画質は良くなり、それに比例して価格も高くなります。
その他にも、画角や階調、ボケ感、暗所性能など違いが出てきます。
カメラ本体だけではなく、レンズによる差も大きくなりますので、一概にサイズが大きければいいとは、、、思い、、ない、、w
性能もさることながら、皆さん自分の使うシチュエーションに合わせたカメラをお持ちなんですよ。例えば私の場合、外での撮影が多く、急な雨や砂埃などに強い「防塵防滴」仕様が絶対条件でした。そこに動画と写真の両方欲張った感じです。
またとある方は、旅を基本に考えて、軽さと画質のバランスで選ばれていたり、
またある方は、動画機としての仕事用にも使えるようなカメラをチョイスされていますね。いやー凄い。

秘密基地ではよくカメラやレンズの話が盛り上がってしまう場面が多くあります。
最近ではオンラインのMTGが多くなり、パソコンの内蔵カメラでは納得できずに、ミラーレスカメラを接続してzoomに接続したり、カメラライフを楽しんでおります。

もうすぐ始まる「オンライン創生塾」も、このミラーレスカメラで撮影しております。細かいセッティングはまだ改良の余地はありますが、綺麗な映像になっていて、見ている方へ少しでもストレスを感じさせずに講座に集中していただこうと、毎回調整しながら撮影しております。楽しみにしておいてくださいね!

なぜ写真や動画にこだわるのか?

料理を撮影するのは難しいですよね

フリーランスの方や個人事業主の方が多い秘密基地界隈では、なぜこんなにもカメラに拘った方々が多いのか、ちょっと考えてみてください。

儲かってるから?
趣味?

私はこう思っています。
「伝える情報量が増えるから」
流れてくるSNSのタイムラインにパッと目立つ綺麗な画像、そこに一瞬スライドする指が止まる。その写真からみた人は多くの情報を得る訳です。
また動画も同じで、文章にしたら3000文字を超えるくらいの情報量を数秒の動画に凝縮して伝えることができます。もちろんちゃんと考えて撮る必要はありますが。

もちろん記録としての本来の使い方もありますが、最近は「伝える情報」にフォーカスした使い方をしている方が多いと思います。

カメラもレンズも拘りだすと『沼』に嵌まりますから要注意ですよー

気になる方はぜひカメラ談義しに来てくださいね!動画の撮影や編集についての相談される方も増えて来てますね。動画が身近になって来ている、そう感じますね。