11/9(水)パワーポイント徹底活用講座

by • 2016年10月24日 • Project, 創生塾Comments (0)362

11/9(水)パワーポイント徹底活用講座

ファシリテーターとして場に立つとき、意外とプレゼンテーション資料を作ることが多くあります。ただ場にいればいいわけじゃなく、参加者に背景や目的を共有したり、出してもらった意見をまとめたものを説明するときに、さらには場の成果を発信するときにプレゼンテーションをするものなのです。
 
当然、その資料も作ります。けれども、正直時間はあんまり割くことができません。ではどうするかというと、効率よく内容を考えて、資料として作るしかありません。これは口で言うのは簡単ですが、本当に難しい。。。と思いきや、コツさえつかむと意外と簡単。

今回はそんな、プレゼンテーション資料を効率よく作るためのコツを、これまでにトータル数万枚のプレゼンテーション資料を作ってこられた渋谷先生が自身の経験を踏まえて紹介します。

 

イベント詳細

日時:11/9(水曜日)19:30~21:00
場所:秘密基地
講師:渋谷 健
対象:すべての人
料金:2,500円 1ドリンク付 ※会員価格2,000円

 

講師プロフィール

渋谷 健 (Takeshi Shibuya)
クリエイティブ・ファシリテーター

渋谷さん

フィールド・フロー株式会社 代表取締役
一般社団法人OSTi 副代表理事
一般社団法人まちはチームだ 副代表理事
一般社団法人Project72 理事
株式会社リキッド・デザイン・システムズ 取締役
株式会社ライフ・インフォメーション・プロジェクト 顧問

2002年
米・コンサルティング会社Accenture入社。コンサルタント。
大手アパレル/飲料メーカー/商業施設運営などの事業者他、製造流通業を対象とした業務・ITコンサルティングの提供、中国での開発センター立上、および社内人材育成プログラム開発に従事。

2007年
サントリーグループ株式会社エイチビーアイ入社 リーダー。
飲食チェーン、ホテルチェーンに対する経営・新規事業開発コンサルティング、人材育成プログラムの提供。株式会社ナチュラシステムズ、エーザイ株式会社 知創部、東京工業大学 妹尾准教授との協働研究に参加し、実践方法論「知識創造による持続的業務改善手法」を日本BPM協会にて発表(2008年)。同方法論を適用し、自社システムの運用業務コストを半年で79%改善。

2010年
株式会社ゼンリン入社。マネージャー。
新規事業の開発、および経営戦略を担当。
日本BPM協会の一般社団法人化プロジェクトに参画(2013年一般社団法人化)。オープンデータ推進団体 LODチャレンジ実行委員会の立上参加、オープンデータの啓発活動を展開。産学官連携コンソーシアム 九州IT&ITS利活用推進協議会 の立上、事務局就任。北九州市にて行政によるスマートシティ勉強会の立上。その他、個人活動として米・MIT発のイノベーション理論「U理論」の普及活動に参加。

2014年
フィールド・フロー株式会社 設立。代表取締役。
ベンチャー企業・中小企業の事業育成支援に従事。助成金獲得や産学官連携プロジェクトの推進を支援。
株式会社ライフ・インフォメーション・プロジェクトの顧問に就任し、地域活性化・まちづくり事業に参画。
九州ヒューマンメディア創造センターの主幹研究員として、北九州の情報産業振興策の策定・推進を行う。
NPO法人ブロードバンドスクール協会 理事に就任、防災スキル育成プログラム「Project72」の普及活動を行う。その他、九州地域にて「U理論」の講師や、地域密着型イベントのプロデュースを行う。

2015年
地方行政ICTフォーラムを事務局長として成功に導く

2016年1月
農林水産省の知の集積事業にてオープン・イノベーションのファシリテーターも務める。

 

The following two tabs change content below.

OKAYURI

秘密基地にだいたい毎日います。まじめなことから、ゆる面白いことまで、刺激のある毎日を送っています。
Pin It

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です