Four reasons why “Digital nomad” should come to Kitakyushu ~“デジタルノマド”に北九州をオススメする4つの理由~

by • 2017年5月2日 • BUSINESS, INNOVATION, WORK STYLE, ブログComments (0)1006

 

(文章の後に和訳があります)

Hello, this is Chris and I work at Himitsu Kichi (among other things).

While I've dabbled in the digital nomad life now and again in parts of Southeast Asia, I've found it quite easy to maintain the same lifestyle while having my home base here in Kitakyushu. 

For those unfamiliar with the term, a "digital nomad" is someone whose work is location independent because they work remotely, or they have their own online business, or have found some other way of earning a living without having an office or a boss. Writer and consultant Marianne Cantwell calls these people "Free Range Humans." Whatever you prefer to call us, the idea of flexibility and location freedom is the same. Some, but not all, of these types of workers take advantage of their mobility to travel and work wherever they want to.

As you might expect, a lot of free rangers gravitate toward places like Siem Reap or Spain where the weather is nice and living costs are low. Japan holds an attraction for a lot of travellers, but certain other aspects of life in Japan give them pause. Oh, I don't make nearly enough money to live in Japan for any length of time, they say. Isn't it one of the world's most expensive places to live?

Well... yes and no.

While the famous metropolises of Tokyo and Osaka indeed have a high cost of living, people tend to forget that there's a whole country outside of Tokyo and Osaka. Foreigners can be forgiven for this perception--after all, even a lot of Japanese people tend to overlook the Japan that exists outside of these two centres. But allow me to offer up the outlying areas of Japan--and Kitakyushu in particular--as the ideal temporary base for the free range digital nomad. Here are just a few reasons:

1.) Low rents. While you can expect to pay about ¥90,000 (around 800USD) for a tiny studio apartment in Tokyo or Osaka, you can get the same thing for as low as ¥40,000 in Kitakyushu. Thanks to the low birthrate and brain drain to the larger cities, you might even be able to snag an empty house in the countryside, if you make the connections.

2.) Kyushu is the cradle of Japanese civilisation. Sure, Kyoto has the temples. But Kyushu is considered to be the birthplace of both the much older Yamato culture, as well as the epicentre of Japan's modern industrial revolution. and historical sites are abundant.  

3.) It's a convenient travel hub. Of course, if you're going to come all the way to Japan you'll still want to see the major sites. From Kokura, the city of Osaka is just an overnight ferry or 2 and a half-hour bullet train ride away. You can use most of the bullet trains with the Japan Rail Pass. (http://www.japanrailpass.net/en/index.html)

4.) A burgeoning culture of innovation and coworking. While the old way of black suits and drab offices is alive and well, lift up the rock and you see the lively subculture of startups, freelancers, and free spirits here in Kitakyushu. 

 

デジタルノマドって何?

こんにちは。私はクリスです。コワーキングスペース秘密基地で働くスタッフです。(他の仕事の合間にここで働いています)。

私は、時々行く東南アジアでのデジタルノマドライフと、私のホームベースである北九州でのライフスタイルを、同じように送れることに気付きました。


「デジタルノマド」とは、遠隔地で仕事をしたり、オンラインビジネスを行ったり、オフィスや上司を持たずに、自分で生活していくことができる方法を見つけたりして、場所にこだわらず仕事ができる人のことを言います。作家でありコンサルタントでもあるマリアンヌキャントウェルは、これらの人々を「Free Range Humans.」と呼びました。この名前はさておき、フレキシブルなアイデアと自由なオフィスであることは、すべての人にとってというわけではありませんが、最適な働き方といえます。

 

多くの「Ferr Ranger(フリーレンジャー)」は、天候が良く生活費も安い、シェムリアップやスペインのような場所に行く傾向があります。日本には旅行者にとっての魅力はありますが、他の生活面においては、そうではないようです。「あ~、私は日本に住むのに十分なお金を持っていません。日本は世界で最も物価が高い場所の一つではありませんか?」と。

 

実は、そうでない一面もあります。

 

東京や大阪など世界で有名な大都市は、実際に高い生活費が必要ですが、それ以外の日本のまちがあることを忘れていませんか?デジタルノマドの理想的な一時拠点として、私は特に北九州市をおすすめします。その理由はいくつかあります。

 

1.安い賃料

東京または大阪の小さい1ルームは、約90,000円ですが、北九州は同じような部屋で約40,000円くらいで部屋を借りることができます。地方に行くと、空いた一軒家でも済むことが可能です。

2.九州は日本文明の発祥の地

ご存知のとおり京都には寺院が数多くあります。しかし、九州は日本の近代産業革命が誕生した都市であると同時に、昔の大和文化の発祥の地でもあると考えられています。史跡も多くあります。

3.旅のハブとしての利便性が高い

北九州は旅行するのにとても利便性がいいです。もちろん、せっかく日本に来るなら、日本の主要な場所も見たいでしょう。ちなみに、小倉から大阪までは、安価なフェリーで一晩でいけますし、2時間30分の新幹線があります。

4.イノベーションとコワーキングの急成長する文化

ダーク色のスーツや色味のないオフィスはまだありますが、新たな視点から見ると、北九州の新興企業、フリーランサー、自由なスピリットの活発なサブカルチャーが見えます。

 

Pin It

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です