2次会でやってはいけない10のこと

by • 2017年9月30日 • Party, Wedding partyComments (0)35

結婚式2次会、絶対に成功させたい大イベント!!!

やってはいけないシリーズ第三弾!2次会でやってはいけないことを10個ピックアップ。

あなたも知らず知らずのうちにやってしまっているかも?

本番間近、まだ会場が決まっていない

会場は、予約が埋まってしまう前に、余裕をもって早めに予約をしましょう!

3ヶ月前に会場を決め2ヶ月前を目安にゲストの出欠を確定させておくと安心ですし、会場との打ち合わせもスムーズです。

よく考えずに幹事さんを

友人から幹事を頼まれたけれど、仕事が忙しくて打ち合わせも準備も全然できない!なんてことになっては大変です。

責任を持って幹事を最後までできそうか、リーダーに向いているかだけでなく、時間的・環境的な余裕があるか、考えて頼みましょう。 

会場の設備・備品の確認をしない

当日、準備中に買出しに、なんてことになると、限られた時間で行われる2次会の予定が崩れてしまいます。

事前に会場設備の確認を行うことで、会場側にも何が当日必要なのか伝えることができ、スムーズに当日準備も行えます。もしも、会場の設備になくて必要なものがあれば、事前に買い出ししておきましょう。

友人2人で司会

恥ずかしい、不安だからといって司会を2人でやってしまうと、内輪ネタが増えたり、タイミングが合わず話が滑ったり・・・。ゲストから見てみると意外と寒かったりします。2次会の司会は1人でやリきりましょう。

内輪ネタで盛り上がる

2次会の幹事や余興は新郎新婦と近しい人がするため、一部の人しかわからないネタで盛り上がりガチに。

しかし、結婚式2次会には様々な関わりのゲストが参加しています。どのゲストにも楽しんでもらえる話をしましょう。 

100円ショップで景品

予算がかつかつ・・・そんな時の頼みの綱にしてしまいがちな100円均一ショップ

しかし、人気商品はどこでも陳列しており、100円均一ショップで買ったとバレる確率がとても高いです。商品代より高いラッピングで景品をごまかすのはNG!!

進行表を作成しない

初めてパーティーや2次会を仕切る人は、進行表がないとグダグダになりがちです。

司会、幹事、受付や音響などの流れを把握し、きちんと進行表を作成して、余興を予定されているゲストに予定時間を伝えるのは最低限のマナー! 

男性目線の2次会

2次会の幹事や司会は、男性が担当することが多いです。しかし、2次会の内容を男性の目線だけで考えるのはご法度!進行やプログラム、景品などに「女性の目線」を取り入れましょう。

料理も景品も充実させたい!

確かに、料理も景品も充実したものにしたいですが、予算には限りがあります。新郎新婦とよく打ち合わせを行い、料理をメインに、ゲームをメインに・・・など、どんなコンセプトで2次会をするかはっきりと決定しましょう。

幹事さんのための2次会

2次会は新郎新婦のために行うもの!幹事さんは、新郎新婦のためにパーティーを計画実行しましょう。ゲストばかりが目立っていた、2次会の内容はいまいちなのに会費は多く取られた、などの他の方が主役の2次会はご法度です!

結婚式2次会は気をつけるべきことも多いですが、新郎新婦を祝福してあげる気持ちを自分なりに表現してあげれば、大いに盛り上がる思い出深いパーティーになることでしょう!2次会会場をお探しなら、秘密基地へ!

やってはいけないシリーズ第一弾はこちらから!

やってはいけないシリーズ第二弾はこちらから!

Pin It

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です