5つで完璧?!幹事さんをお願いする注意点

by • 2017年10月3日 • Party, Wedding partyComments (0)47

結婚式2次会でまず突き当たる問題が、幹事さん問題!きっと、仲のいい友人に幹事さんをしてもらいたいはず。

これからも大切にしていきた友人だからこそ、幹事をお願いするときにおさえておきたい5つご紹介!

スケジュール管理の徹底

幹事さんを依頼するときに、まず気を付けたいのがスケジュール管理です。2次会当日の3か月前までにお願いするようにし、3か月前までには会場を決定し予約2か月前を目処にゲストの出欠状況を確定しておくと安心です。また、早めの予約で、会場との打ち合わせもスムーズに進みます。もし、小倉駅周辺で会場を探しているなら、秘密基地がおすすめ!

スケジュールを確定させた後も、演出の準備など幹事さんがやることは盛りだくさん。新郎新婦が決めるべきことや、困りごとがないかなど、定期的に確認と打ち合わせをして、幹事の負担を減らすようにしましょう。

新郎新婦と幹事さんの役割分担を明確に

次に気を付けたいのが、事前準備と当日の役割分担です。新郎新婦から幹事さんにあらかじめ、やってほしいことをはっきりとお願いしておきましょう。そうすることで、頼みたい友人も自分にできる範囲なのか、またそもそも引き受けるかなどを考えやすくなります。

2次会当日は「司会者」 「受付・会計係」「演出準備係」「音響係」など、必要な役割をピックアップし、分担しておくのがおすすめです。せっかくの2次会、幹事さんにも楽しんでもらえるような余裕をもった分担を。

注意すべきなのは、後から出てくる役割をできるだけ少なくしておくことです。当日だけ必要な役割であれば、幹事さんではない他の友人に頼んでもいいでしょう。

もしものとき対処法を考えておく

どれだけ準備した2次会でも、最後まで何が起こるかわからないものです。特に司会者は、そのトラブルに大きく関わる可能性が高いです。場をつなぐトークや話の切り上げ方など、きちんと打ち合わせしておきましょう。司会者のポイントは、こちらを参考にされてください。

お金の管理は厳密に

予算を決める時は、当日突然のキャンセルなどのトラブルも考えて、多少余裕のある見積もりにするのがポイントです。また、事前準備の間に支払いがある費用は、事前に幹事さんに渡しておくのが良いでしょう。もし、立て替えてもらった場合は、早めに精算するようにしましょう。

当日集まったお金の管理は、幹事さんや会計係に預かってもらうか、会場で一時的に預かってもらえることもあるので、事前に確認をしておきましょう。

必須!幹事さんへのお礼

幹事さんという大役をお願いしたのだから、お礼は絶対に忘れないでください!

プレゼントや心付けを用意しておき、心を込めた感謝の手紙やひとことをプラスするとより◎!幹事さんからは2次会の会費をいただかないという方も多いそう。当日は慌ただしくて渡せるタイミングがないかも…という場合は、事前の打ち合わせ時などに渡すの良いでしょう。

仲のいい友人にお願いするからこそ、気を付けたい幹事さんのお願いの方法。気をつかいすぎてしまう方もいるかもしれませんが、基本の5つのポイントを押さえることと、感謝の気持ちを忘れなければ大丈夫です。

ぜひ、新郎新婦も幹事さんも、もちろんゲストも楽しい2次会にしてください!

秘密基地

〒802-0002

福岡県北九州市小倉北区京町2-2-19

TEL:093-967-1233

(専用番号:日曜・祝日も可)

AM 8:00〜23:00

E-mail:desk@coworking802.com

LINE:友だち追加はこちらから

Pin It

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です